大手運送会社なら経験次第で高収入を狙える

待遇にこだわって正社員のドライバーの求人に応募をする際は、それぞれの運送会社の業績や社員数、給与モデルなどにきちんと目を通す必要があります。たとえば、全国に事業所を構える大手運送会社は、正社員のドライバーの定着率を高めるために、経験豊富なドライバーの基本給を高く設定するだけでなく、定期的に勤務手当やボーナスなどの金額の見直しを行うところもあります。また、正社員のドライバーの数が不足している会社の中には、同業他社からの転職希望者を受け入れるため、前職よりも高い給料を提示するところが目立ちます。その他、正社員の長距離のドライバーとして主に夜間の業務を担当する場合には高収入を期待することができます。

ドライバーのキャリアアップ制度がある会社は定年まで働きやすい

定年までトラックドライバーの仕事を続けたい人は、全社員を対象としたキャリアアップ制度がある運送会社の求人を選ぶことが大切です。特に、運行管理者や大型免許などの資格取得の支援が行われているところや、経験が浅いドライバーのために先輩社員による同乗研修を実施しているところは、多くの運送業界を志望する求職者から注目が集まっています。ドライバーのキャリアアップに必要な期間は、日々の担当する業務の内容によっても異なるため、面接の時に仕事について分からないことがあれば担当者に積極的に質問することが大事です。なお、就職後の早期離職を防ぐには、幅広い年齢のドライバーがバランスよく在籍している会社を優先して探しましょう。

運転手の募集とひと口に言っても、その仕事内容は様々。第2種運転免許が必要になるタクシードライバーのほか、長距離ドライバーや短距離ドライバーといったトラック運転手などの仕事があげられます。