運転が好きではない人や、責任感がない人には向いていない

ドライバーの仕事はその名の通り、車を運転することです。つまり、運転自体が好きではない人、もしくは苦手意識のある人は、この仕事には向いていないと言えます。普段から乗用車を運転している人の場合でも、車種が変わると慣れるのに時間がかかることもあるので、基本的に運転が好きな人が向いている仕事と言えます。

ドライバーの仕事は基本的に一人で行うことがほとんどです。ある程度の運行計画は会社によって指定されていたとしても、実際には自分でペース配分をする場面が多々あります。つまり、責任感がなければ勤まらない仕事であると言えます。トラックドライバーにとって、荷主との信頼関係を築くことも大切なことであるため、責任感がない人には向いていない仕事です。

根性がない人には向いていない

長距離トラックドライバーの場合、毎日家に帰ることができないことがあります。基本的にはトラックの中で寝泊まりすることが多いでしょう。大型トラックの場合、車内にベッドが付いていますが、自宅のベッドで寝るのとは訳が違います。運転で疲れているのに、車中泊でしか身体を休めることができないので大変です。それでもドライバーをやりたい、と根性を出して仕事をする気がない人には向いていないと言えます。

また、市内集荷のような短距離のドライバーであっても、道のりを細かく覚える必要があったり、渋滞にはまってしまったりして気が滅入ることもあります。そのため、短距離・長距離を問わず、ドライバーの仕事は根性がない人には向いていないでしょう。

普通免許を持っていれば、小型トラックに乗ることができます。運送業の求人には、「AT車限定でもOK」というものもあり、大型免許がなくても応募することができる会社もあります。