安全運転でストレスに強い人

まず、ドライバーとして働くのであれば、車の運転が好きなことが絶対条件です。しかし、運転が好きでも注意散漫であったり、他の人の運転にイラっとしやすい人では事故の原因になることもあるので注意が必要です。つまり、常に周りの状況を把握し安全運転ができる人はドライバーに向いています。また、ドライバーは長時間運転することがあるので、その分緊張感も続くことになります。さらに、渋滞にはまった時にはずっと同じ姿勢でいなければならないため、身体的や精神的にも大きなストレスがかかることも。そこで、ストレスがかかった時にうまく自分をコントロールできるかが大切となってきます。体力やメンタル面でもタフな人はドライバーの適性があるでしょう。

一人で仕事をするのが好きな人

ドライバーは、仕事の時間をほぼ一人で過ごすことになります。これは、チームで仕事をしたい方や賑やかな環境が好きな方には難しい仕事です。長時間の運転でも一人きりなので、むしろ一人が好きな人でないと続かない仕事と言えます。また、渋滞に陥ることもあるため、車内に一人でいてもその時間を有意義に過ごせることはドライバーとして大切なスキルです。しかし、一人ということは、ペース配分も自分で決めなければなりません。決められた配達時間を厳守しつつ休憩をとりながら運転するには、先を見通せる管理能力が必要です。つまり、自分でコツコツと目の前の仕事に取り組めて、一人の時間を楽しめる人はドライバーに向いていると言えるでしょう。

いざ面接に赴いた際に、想像と実際の雇用条件が大きく異なっているケースが散見されるのも、運転手の求人情報に共通する傾向です。給与面や具体的な仕事内容など、運転業務以外の重要点をしっかり確認しましょう。