一般的な契約社員と同じ

トラックドライバーの契約社員は、一般的な契約社員と同じ労働契約です。 契約期間が最初から決まっていて、その期間を契約した企業で勤務することになります。ただ、給料面や福利厚生面は正社員とほぼ同等の扱いですので、契約社員だから労働環境が悪いという事はありません。企業によっては契約社員でありながら、賞与を支給してくれる企業もありますので、入社する際はこの労働契約に着眼して選ぶのがベストです。 そして、契約満了を迎えた際は、契約更新するのが一般的ですが、トラックドライバーの場合は正社員に登用される事が多いです。この点が一般的な契約社員とは大きく違う点であり、これも運送業界の人手不足を表しているといえます。

契約社員を導入するわけ

トラックドライバーで契約社員を募集する時期はたいてい忙しい時期です。 本当に正社員登用なしで契約社員として終わらせる場合は、この繁盛期に集中して運送会社は募集をかけます。その際の給料はかなり良く設定されています。 閑散期になれば、契約社員と契約更新をしなければよいですので、運送会社側からしてみれば、この繁盛期だけの人員確保として契約社員が大活躍します。 トラックドライバーの契約社員募集の求人があった場合は、「正社員登用あり」の記載があるかどうかを注意してみないといけません。記載がない場合は、その契約期間までしか働くことが出来ず、契約満了後は新たな働き先を探さなければならなくなります。 記載があれば正社員登用される可能性があります。

ドライバーの募集は、トラック物流・旅客輸送を始めとした、物や人を運ぶために実施されています。旅客輸送をするには、大型自動車二種免許などが必須です。